TJライナーFANトップ
TJライナーFAN

TJライナーFAN:最新記事

TJライナーとは

TJライナーとは、2008年6月14日より、池袋から森林公園・小川町方面へ運行する東武鉄道東上線の通勤ライナーです。

車両は、新型50090型車両を使用します。
運転本数は平日が6本(2本が小川町行・4本が森林公園行)、
土曜・休日が4本(小川町行と森林公園行が2本ずつ)です。

このうち、池袋から乗車する場合は着席整理券(300円)が必要となります。
(ふじみ野以遠からの乗車は整理券不要、その場合座席は保証されません)。

停車駅 は、
池袋 → ふじみ野 → 川越 → 川越市 → 坂戸 → 東松山 → 森林公園 → つきのわ → 武蔵嵐山 → 小川町

TJライナー 新型50090型車両

TJライナー名前の由来

TJライナーの名前は、2007年12月22日~2008年1月17日の間、
この新ライナーの愛称が
「TJライナー」
「おかえりライナー」
「アシストライナー」
の3つより投票形式で募集され、
一番投票の多い愛称が座席定員制ライナーの愛称に採用される方式を取りました。

その結果、「TJライナー」が4,313票と最も多く、新ライナーの愛称に決定しました。

これを記念して、2008年3月23日に、森林公園検修区にて
愛称決定記念イベントが開催され、臨時列車も運転されました。


TJライナー試乗会2号

TJライナー試乗会2号
2008年3月23日撮影。

50090系試乗会 霞ヶ関~川越市駅

50090系試乗会 霞ヶ関~川越市駅。
2008年3月23日撮影。

新ライナー愛称決定記念号

新ライナー愛称決定記念号
2008年3月23日撮影。

成増駅通過

東武50090系51092F(臨時回送) 成増駅通過
2008年2月26日撮影。

蒲郡通過

東武50090系51091F 甲種輸送 下松発 蒲郡通過
2008年2月2日撮影。

東武東上線TJライナー50090型入線

東武東上線TJライナー50090型入線
2008年3月23日撮影。
東武鉄道森林公園検修区で行われた東上線の新ライナー愛称決定イ ベントにて。

三ノ宮

東武50090系51091F(TJライナー)甲種輸送 三ノ宮
2008年2月2日撮影。

当サイトについてと免責事項

  • TJライナーFANは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2008-2014 copyright(c) TJライナーFAN All Rights Reserved.